交通事故相談(仙台市)秋元良一行政書士事務所のホームページ


内容証明について

内容証明とは
 内容証明とは、正式には「内容証明郵便」といい、これこれの内容の手紙を、確実に相手方
  に出したということを、第三者である郵便局に証明してもらう郵便のことを言います。
 クーリングオフや各通知書、催告書などに多く利用されます。

内容証明郵便のメリット効果・デメリット
 〇メリット
  1、心理的圧迫、事実的効果が期待できる。
  2、こちらの本気さを伝え、相手方の考え、出方を探ることができる。
  3、法的証拠の確保、法的効力の形成ができる。
    (権利義務得喪の意思表示ができる。但し、直接に法的効力は無い。)
 〇デメリット
  1、相手にも「証拠」として残る。
  2、法的な強制力や効力は無い。
  3、あえて内容証明郵便にしないほうがいい場合もある。
  4、文字や書式・形式に制約がある。
  5、相手が受領拒否する場合もある。
    受領拒否されると差出人に返送されます。但し法的には差出人の意思表示は
    伝達されるとする判例は多い。

  ※内容証明で送らなければいけない時と、送らないほうがいい時の見極めクーリングオフ
   や時効の中断、債権譲渡などの場合は、必ず内容証明にしなければなりませんが、
   貸し金・売掛金の回収などの場合には、相手方との関係などを考えて送るかどうかを
   判断すべきです。なぜなら内容証明=宣戦布告と同様だからです。

なぜ、行政書士に依頼するのか?
 勿論本人でも内容証明が出状できます。それではなぜ?行政書士に依頼するのでしょう
 か。法的に複雑なケースに「弁護士に内容証明を依頼する。」と思われがちですが、
 行政書士にとっても中心業務になります。
 行政書士法第1条の2で「行政書士は他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する
 書類その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む)を作成
 することを業とする」とされています。ここにある権利義務に関する書類が「内容証明」に
 当たります。そして、第1条の3の2)で「前条の規定により、行政書士が作成することが
 できる契約その他に関する書類を代理人として作成すること」とあり、代理人として
 「内容証明」が作成できるとされています。
 つまり法的に認められた業として「内容証明」の作成を行います。作成にあたっては、
 法律に照らし会わせながら事実関係と主張を検討し、依頼者の利益を最大限に考えた
 内容証明を作成していくことになります。

内容証明が必要なケース(一例)
 〇借地・借家をめぐる内容証明
   ・地代・家賃値上げを請求したい時
   ・地代・家賃値上げの請求が来た時
   ・地代・家賃の催促をする時
   ・契約の更新拒絶や解除をする時
   ・借地・借家人が無断転貸した時
   ・地主・家主が死亡した時
 
 〇取引をめぐる内容証明
   ・売買代金を請求する時
   ・欠陥商品を買った場合
   ・商品の引渡しを求める時
   ・悪徳商法で商品を買わされた時
   ・申込をしていない商品が送られて来た時
 
 〇債権回収をめぐる内容証明
   ・貸し金を請求する時
   ・保証人に対して請求する時
   ・債権譲渡をしてもらう時
   ・相殺をする時
   ・抵当権を実行する時
   ・債権を放棄する時

 〇その他、各種の内容証明
   ・マルチ商法の被害にあった時
   ・現物まがい商法の被害にあった時
   ・使用貸借契約を解除する時
   ・建築工事代金を請求する時
 
内容証明作成の手順
 ○用紙はどのようなものがよいか
 受取人の数プラス2通、つまり受取人が1人の場合は3通作ります。
 カーボン紙などで複写するか、もしくはワープロで文書を作成してコピーを取ります。
 用紙はB4判の大きさが書きやすくて便利です。
 
 ○文字数や枚数は決まっているか
 特に決まっていませんが、使用する枚数により証明料が違ってきますので、ダラダラと
 書かず、要点だけをピシリと書くことがポイントです。文房具店で扱っている用紙は、
 原稿用紙のようになっていて、1行二十字詰めで、1枚が26行になっています。
 したがって1枚で520字以内書けます。
 また使用する用紙が2枚以上にわたる場合は、差出人の氏名の下に押し印鑑と同じもの
 で、用紙と用紙の間に割印を押します。

 ○配達証明を付けなければならない
 内容証明郵便は、書留で「配達証明」にします。配達証明郵便は、特殊取り扱いの郵便物
 で、郵便物が何年の何月何日に相手方に配達されたのかを証明してくれます。ですから
 裁判になっても有力な証拠力を持ちます。後日配達した日を記載した葉書が送られてきま
 す。郵便局での特殊郵便物受領証と内容証明郵便の控えと共に大切に保管しなければ
 なりません。
 
      
        
メールでの相談は無料です

       お気軽にメールください。ryoichi.akimoto@nifty.com


戻る