交通事故相談(仙台市)秋元良一行政書士事務所のホームページ


遺言について

1、はじめに
 戦後の日本は長子相続から共同相続となり、核家族化、持家指向と共に土地の値上がり、
 相続への権利意識の高まりなどにより、相続による財産争いが多く起こっています。
 相続人の範囲や法定相続分は民法で定められており、遺言がなければ、いくら世話になっ
 た人でもその人に財産を相続させることは出来ません。そんな時に遺言が役に立ちます。

2、遺言には二つのメリットがあります。
 @自分が死んだ後、親族間での争いが生じにくくなります。原則的には遺言書の内容通り
  遺産を分配しなければならなくなるからです。
 A自分の思い通りに財産を分配することが出来ます。もし遺言書がなければ民法に定めら
  れた法定相続分にしたがって遺産が分配されるので、財産を渡したくなかった人に対して
  も多大の財産が分配されることになります。

 遺言には、以上のような相続や財産の処分に関する事柄以外にも、婚姻外で生まれた子ど
 もを認知したり、子どもの後見人を指定したりすることも出来ます。遺言は15歳以上で意思
 能力がある人であれば誰でも書くことが出来ます。


3、遺言には次の3種類の方式があります。
 @自筆証書遺言
  遺言書の全文、日付、氏名を自筆(ワープロ不可)で書き、印を押したもの。
 A公正証書遺言
  公証人役場で、証人2人の立会いにより、遺言者の口述した内容の遺言書を公証人が作
  成したもの。公正証書遺言は20年間、公証人役場に保存され、安全です。証人は民法
  の規定により、推定相続人以外から立てます。

    (参考)民法第974条【証人又は立会人の欠格事由】;次に掲げる者は、遺言の証人又
       は立会人となることができない。
       一 未成年者
       二 推定相続人、受遺者及びその配偶者並びに直系血族
       三 公証人の配偶者、4親等内の親族、書記及び雇人

 B秘密証書遺言
  遺言者が遺言書を作成し署名捺印してから署名捺印してから、遺言書を封じ遺言書に押
  した印で封印します。証人2人と公証人が必要。

  それぞれの方式には長所と短所があります。遺言は遺言者の死後にその効力が生じるも
  のですから、遺言者の意志が疑問の余地なく、明確に伝わるものでなくてはなりません。
  そこで民法は、問題が生じないように厳格な遺言の方式を定め、それに従ったものだけを
  遺言としています。


   (参考)公証人費用(手数料)
       作成手数料は「公証人手数料令」により定められています。
       『法律行為の目的の価格』つまり「遺産額」に因ります。
 
価格 100万円まで 手数料    5000円
価格 200万円まで          7000円
価格 500万円まで         11000円
価格 1000万円まで   17000円
価格 3000万円まで   23000円
価格 5000万円まで   29000円
価格 1億円まで   43000円
価格 3億円まで 5000万円毎に13000円加算
価格 10億円まで 5000万円毎に11000円加算
価格 10億円超 5000万円毎に 8000円加算
 
  *手数料は相続人毎に計算され、合算します。
       *遺産総額が1億円に満たない時は、上記の額に11000円を加算します。
       *公証人が病院や自宅に出張した時は規定の日当・旅費が請求されます。

      ◎遺産額のうち、不動産価格は「固定資産評価額」が算定基礎です。


4、遺言が特に必要な場合
  @夫婦の間に子どもがいない場合
  A個人事業を後継者(長男等)に継がせたい場合
  B先妻の子と後妻がいる場合
  C長男が死亡した後、長男の嫁に財産を分けてやりたい場合
  D相続人が全くいない場合
  E個人事業を営んでいる場合
  F相続人に争いが生じる可能性がある場合
  G離婚届は出していないが、事実上夫婦関係が破綻している場合
  H婚姻届を出していない内縁の妻がいる場合
 

5、遺言の文例
   @不動産の場合
    例1;遺言者は、遺言者が所有する下記不動産を、遺言者の長男の
       ○○○○に相続せせる。
                 記(不動産の表示)
        1 土地
            所在    ○○市○○
            地番    ○○番○○
            地目    宅地
            地積          平方メートル

        2 建物
            所在    ○○市○○
            家屋番号
            種類    居宅
            構造    木造瓦葺2階建
            床面積         平方メートル

    例2;遺言者は、遺言者が所有する下記不動産を、次に定める負担を付して遺言者の
       次女の○○○○に相続せせる。
                 記(不動産の表示)
            (略)
                 記(負担の内容)
       前記○○○○は、遺言者の長女の○○○○に対し、本相続開始後10年の間
       に、毎年金50万円、合計金500万円を支払うこと。
                                      ※代償分割と言います。
 
  A預貯金の場合
     遺言者は、遺言者が保有する下記預金債権を含む全財産(但し、不動産を除く)を、
     前記○○○○に相続させる。

  B附言  ※後書きであり任意です。
     子供達に話しておきたい事があります。私の葬儀は近親者のみで行い、通夜は自宅
     で、葬儀は○○寺で執行してください。葬儀の香典その他の剰余金は、相続人2人
     で折半してください。私の物で残ったものは、欲しい方に分け、残余物は焼却してく
     ださい。先祖を敬い、兄弟仲良く末永く徳高く暮らしてください。
     
メールでの相談は無料です

       お気軽にメールください。ryoichi.akimoto@nifty.com 


戻る