交通事故相談(仙台市)秋元良一行政書士事務所のホームページ


高次脳機能障害について

高次脳機能障害の認定基準
 
労災保険法施行規則表
自賠法施行令2条別表
自賠責・補足的な考え方
(H12.12.18報告書)
 労災新認定基準
(H15.8.8基発第0808002号) 
第1級
(労災)
第1級の3
(自賠)
第1級1号
(別表第1)
神経系統の機能又は
精神に著しい障害を残し、
常に介護を要するもの
 「身体機能は残存している
が、高度の痴呆があるため
に、
生活維持に必要な身の回り
動作に全面的介護を要する
もの
「高次脳機能障害のため、
生活維持に必要な身の回り
処理の動作について、
常に他人の介護を要するもの」
以下のa又はbが該当する。
a重篤な高次脳機能障害のため
 食事・入浴・用便・更衣等に
 常時介護を要するもの
b高次脳機能障害による高度の
 痴呆や情意の荒廃があるため、
 常時監視を要するもの
第2級
(労災)
第2級の2
の2
(自賠)
第2級1号
(別表第1)
神経系統の機能又は
精神に著しい障害を残し、
随時介護を要するもの
 「著しい判断力の低下や
情動の不安定があって、
1人で外出することができず、
日常の生活範囲は自宅内
に限定されている。
身体動作的には排泄、食事
等の活動を行うことはできて
も、生命維持に必要な身辺
動作に、家族からの声掛けや
看視を欠かすことができない
もの」
 「高次脳機能障害のため、生命
維持に必要な身の回り処理の
動作について、随時介護を要
するもの」
以下のa、b又はcが該当する。
a重篤な高次脳機能障害のた
 め、食事・入浴・用便・更衣等
 に随時介護を要するもの
b高次脳機能障害による痴呆、
 情意の傷害、幻覚、妄想、頻
 の発作性意識障害等のため
 随時他人による監視を必要と
 するもの
c重篤な高次脳機能障害のため
 自宅内の日常生活は一応でき
 るが、1人で外出することなど
 が困難であり、外出の際には
 他人の介護を必要とするため、
 随時他人の介護を必要とする
 もの
第3級
(労災)
第3級の3
(自賠)
第3級3号
(別表第2)
神経系統の機能又は
精神に著しい障害を残し、
終身労務に服すること
ができないもの
 「自宅周辺を1人で外出
するなど、日常の生活範囲
は自宅に限定されていない。
また声掛けや、介助なしでも
日常の動作を行える。
しかし記憶や注意力、新しい
ことを学習する能力、障害の
自己認識、円滑な対人関係維持
能力などに著しい障害があって、
一般就労が全く出来ないか、
困難なもの」
「生命維持に必要な身のまわり
処理の動作は可能であるが、
高次脳機能障害のため、労務に
服することができないもの」
以下のa又はbが該当する。
a4能力のいずれか1つ以上の
 能力が全部失われているもの
b4能力のいずれか2つ以上の
 能力の大部分が失われている
 もの
第5級
(労災)
第5級の1
の2
(自賠)
第5級2号
(別表第2)
神経系統の機能又は
精神に著しい障害を残し、
特に軽易な労務以外の
労務に服することが
できないもの
 「単純繰り返し作業などに
限定すれば、一般就労も可能。
ただし新しい作業を学習でき
なかったり、環境が変わると
作業を継続できなくなるなどの
問題がある。このため一般人
に比較して作業能力が著しく
制限されており、就労の維持には、
職場の理解と援助をかかすこと
ができないもの」
「高次脳機能障害のため、きわ
めて軽易な労務のほか服する
ことができないもの」
以下のa又はbが該当する。
a4能力のいずれか1つ以上の
 能力の大部分が失われている
 もの
b4能力のいずれか2つ以上の
 能力の半分程度が失われてい
 るもの
第7級
(労災)
第7級の3
(自賠)
第7級4号
(別表第2)
神経系統の機能又は
精神に障害を残し、
軽易な労務以外の労務
服することができないも
「一般就労を維持できるが、
作業の手順が悪い、約束を
忘れる、ミスが多いなどのこと
から一般人と同等の作業を行う
ことができないもの」
 「高次脳機能障害のため、軽
な労務にしか服することができ
いもの」
以下のa又はbが該当する。
a4能力のいずれか1つ以上の
 能力の半分程度が失われてい
 るもの
b4能力のいずれか2つ以上の
 能力の相当程度が失われてい
 るもの
第9級
(労災)
第9級の7

(自賠)
第9級10号
(別表第2) 
神経系統の機能又は
精神に障害を残し、服す
ことができる労務が相当
な程度に制限されるも 
「一般就労を維持できるが、
問題解決能力などに障害が
残り、作業効率や作業持続
力などに問題があるもの」
 「通常の労務に服することはで
るが、高次脳機能障害のため、
社会通念上その就労可能な職
種の範囲が相当な程度に制限
れるもの」
高次脳機能障害のため4能力
いずれか1つ以上の能力の相
程度が失われているものが該
する。
第12級
(労災)
第12級の1

(自賠)
第12級12

(別表第2)
第14級
(労災)
局部に頑固な神経症状
を残すもの
 「通常の労務に服することはで
るが、高次脳機能障害のため、
多少の障害を残すもの」
4能力のいずれか1つ以上の能
力が多少失われているものが
当する。
第14級の9
(自賠)
第14級10

(別表第2)
局部に神経症状を残す
もの
 「通常の労務に服することはで
るが、高次脳機能障害のため、
軽微な障害を残すもの」
MRI、CT等による他覚的所見は
認められないものの、脳損傷の
あることが医学的にも合理的に
推測でき、高次脳機能障害のた
めわずかな能力喪失が認めら
るものが該当する。





(工事中です)
         
メールでの相談は無料です

      お気軽にメールください。ryoichi.akimoto@nifty.com


戻る