交通事故相談(仙台市)秋元良一行政書士事務所のホームページ


脳脊髄液減少症について

過去のメルマガから


======================================
『交通事故に負けない!』第33号 −−脳脊髄液減少症について−−

                                         2006年6月発行

     ☆当事務所は交通事故相談・解決に力を入れています。

======================================
こんにちは、仙台市の行政書士 秋元良一です。
今月は後遺障害賠償の注意点4として「脳脊髄液減少症」を考えます。

1、「脳脊髄液減少症」は「低髄液圧症候群」とも呼ばれます。交通事故等の衝撃により髄膜
 に穴が開き髄液が漏れることにより、脳に髄液が充分に回らないことによる様々な症状(頭
 痛・嘔気・めまい・首や背中にかけての疼痛・だるさ感等)で、一見むち打ち症の症状にも似
 ています。
 この病状が交通事故を原因としても発症すると指摘されたのはごく最近のことで、以前は原
 因がはっきりせず仕事にも就けないことから「怠け病」とも揶揄されたこともあったようです。
 多くの被害者の方々にこの病名が疑われることから(救う会等の結成)、また医学の進歩や
 政治の関心、裁判の呼応も手伝って、今や社会問題化しつつあると言えます。

2、治療法としては自己血液を背中から脊椎硬膜外腔に注入することにより髄液の漏れを抑
 え症状を緩和させます(ブラッドパッチ療法)。ブラッドパッチ療法は1人に何度でもできるわ
 けではなく、3〜4回が限度のようで1〜2週間入院して加療します。ただ残念ながら治療
 のできる医療機関が全国に極めて少ないこと、高額な費用が掛かることが問題のようです
 (保険外診療のため1回に15〜20万円)。保険会社がこの治療費を認めないことが多いた
 め、自己負担しながら闘っている被害者の方も多いのが現状です。

3、現在むち打ち症で苦しんでいる被害者のかなりの割合の方が、また既に症状固定として
 後遺障害14級(あるいは12級)が認定され示談が完了、その後自費にて治療を続けてい
 る方の多くが、実は「脳脊髄液減少症」を疑ってみる必要もあるとも指摘されています。

4、現状では「脳脊髄液減少症」だけでの後遺障害認定は難しいとされています。保険会社
 の多くは今でも因果関係を認めようとしない傾向にあります。裁判判例もそうでした。しかし
 最近になってようやく光明が見えてきました。各地の下級裁判等で交通事故との因果関係
 を認める判決が出始め、政界、医学会も動き出しつつあります。多くの都道府県議会が治
 療推進を求める意見書を採択したり、政府も重い腰を上げつつあるようです。医学会ではこ
 の治療の先駆者とも呼ばれる篠永正道教授らの努力を受け、日本脳神経外科学会も前向
 きに取り組みつつあり、現在脳神経外科を持つ全国の数十の総合病院を中心に治療が開
 始しているようです。
 裁判にも今まで多くの提訴がありましたが、漸く認定の流れが出てきました。平成5年2月
 の福岡地裁判決では465万円の支払命令が出て話題となりました。次いで5年7月の津地
 裁判決、6年1月の鳥取地裁判決と続いています。また茨城県土浦検察審査会では地検が
 下した不起訴判断を不当と議決しています。(5年9月)

今後とも被害者のための大きな動きを期待したいと思います。

                                                   以上

 

(一部工事中です)
       
メールでの相談は無料です

        お気軽にメールください。ryoichi.akimoto@nifty.com


戻る