交通事故相談(仙台市)秋元良一行政書士事務所のホームページ


交通事故の医療用語

交通事故になって、初めて知るような所定用紙や病名、検査・治療法の専門用語を列挙して
みました。(これらは勿論ごく一部です。ご参考になれば幸いです。)

(所定用紙)
交通事故証明書
  請求時の必須書類だが、通常は保険会社が取得しているので、コピーを貰うといい。
  ただ被害者請求する場合は、自分で取得しなければならない。最寄の警察で請求用紙を
  貰い(無料)、郵便局に600円(手数料70円)を添えて請求する。1週間前後で到着する。

診断書
  保険会社所定の様式で、事故当初に警察、職場等に提出する(全治○週間と書かれた
  もの)とは違う。通常は保険会社が取得するので、これも次の「診療報酬明細書」とセット
  でコピーを貰うといい。入院日数・通院日数も記載されているので参考になる。
  後遺障害の「あり・なし・未定」も記載される。

   ※病院は通常1ヶ月単位で作成します。
   ※作成料は3000円〜5000円

診療報酬明細書
  「レセプト」とも呼ばれるもので、治療の内容と料金が記載されている。
  どんな治療・検査がなされたか、薬品は何か等もわかる。
  1月分の料金をどこに請求したか、誰から領収したかもわかる。
  また、最下段に1月の通院日が○されるので重要。

   ※作成料は3000円〜5000円

後遺障害診断書
  担当医から「症状固定」と診断された場合、保険会社所定の用紙(B4)に記入してもらう。
  その後保険会社は「事前認定」を調査事務所に申請する。約1ヶ月で結果が出る。

   ※作成料は5000円〜7000円



(専門用語)
治癒
  事故による治療は終了し、後遺障害の心配もないこと。「完治」
  但し、担当医により「症状固定」の意味で使われる場合もあり。

転医
  病院を変わること。事前に保険会社の了解をとっておく。

中止
  自己都合で治療を中止すること。
  但し、担当医により「症状固定」の意味で使われる場合もあり。

症状固定
  これ以上治療を継続しても改善しない状態で、担当医から言われる。
  「後遺障害診断書」を作成してもらう時期ともなる。
  但し、症状固定イコール後遺障害発生とは言えず、後遺障害診断書を提出しても認定
  されない(非認定)の場合もあるので注意

患側・健側
  「患側」とは受傷した部位の側を言い、「健側」とは受傷しない健康体の側を言う。
  機能障害・運動障害等左右を比較する際用いられる。

X-P
   X線撮影(X−ray photograph)のことで、最も身近な画像検査。X線の物質を透過する
  原理を利用し、骨などの比重の大きい部分は白く、肺などの比重の小さい部分は黒く
  写る。フイルムを直接感光させる直接撮影(単純撮影)とX線の蛍光像を撮影する間接
  撮影がある。

X線デジタル画像
  X線撮影したデータをコンピュータ画像処理することにより、より精度の高い画像が得ら
  れる。

○CT
  computed tomography(scan)の略。コンピュータ断層撮影。
  人体に様々な角度からX線を当てて、輪切り状に3次元的に映像化するコンピュータを
  用いた装置。

○MRI
  磁気共鳴画像法。Magnetic Resonance Imagingの略。
  核磁気共鳴(NMR)現象を利用して生体内の内部の情報を画像化する。

SPECT
  脳の血流を見る検査法。SPECT装置を用い、360度方向から撮影することで3次元的に
  画像が得られることで、脳血流障害によるものかが判断される。

むち打ち症

○頚椎捻挫
  首に急激な衝撃を受け、頚部が前・後屈動作や回旋動作を引き起こされる症状。痛み、
  頭痛、肩こり、吐き気、耳鳴、痺れ、冷や汗等の症状があり辛い。

○TCS
  traumatic cervical syndrome 外傷性頚部症候群の略。

腰椎捻挫

椎間板ヘルニア
  髄液が後方へ移動し、脊柱管内に飛び出た状態。神経を圧迫し、痛み、痺れ、無力状態
  が続き辛い。

胸郭出口症候群
  胸郭の出口部が狭められ、神経や血管が圧迫され首の痛みや肩の痛み、腕の痛み、
  背中の痛み、頭痛、肩こり、しびれ、冷感などを起こす。

神経ブロック療法
  痛みの原因である知覚神経線維、運動神経線維、交感神経線維の異常な緊張を取り除く
  ことで、その領域の痛みを断ち切る治療法で、局所麻酔剤を用いる。担当医とよく相談し
  て行うことが必要である。

EEG(脳波)検査
  頭部に電極を装着し、覚醒時や睡眠時の脳波、様々な刺激(開閉眼、光、深呼吸など)に
  対する脳波の反応を見る検査で、脳の発達、てんかん、意識障害の程度などを調べる。
  脳死判定にも用いられる。

高次脳機能障害
  外見上の身体的な障害は軽度のものだが、大脳の機能に障害を残している状態。

低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)
  脳の髄膜に穴が開き、髄液が漏れることで、脳全体に髄液が回らない状態。これが原因
  で、頭痛、嘔気、眩暈、だるさ、首等の疼痛がある。

トラウマ
  交通事故等の体験を原因として起こる重い心の傷、精神的な外傷。
  「心的外傷」といわれる。

PTSD
  「心的外傷後ストレス障害」

急性骨髄炎
  細菌が骨髄に定着し、急性の炎症症状を呈する感染症。

CRP
  C反応性タンパクのことで、正常血中にも微量に存在するが、特定疾患
  では急速に増量する。

高気圧酸素治療
  大気圧より高い気圧環境の中で、高い酸素を適用することで病体の改善
  を図ろうとする治療法。

動揺関節
  正常範囲以上に関節が動いたり、異常な方向に間接が動く状態。




                                 (工事中です)
        
メールでの相談は無料です

       お気軽にメールください。ryoichi.akimoto@nifty.com


戻る