交通事故相談(仙台市)秋元良一行政書士事務所のホームページ


素因減額について

事故以前に被害者側に心身的に何らかの原因が生じていた場合に、一定の減額が
なされる場合があります。素因減額と呼ばれていますが、当該事故とは関係のない
損害を除外する目的があります。

素因を分類すると、
 1.身体的な素因(既往症がある部分の損害が拡大した)
  ○平成4年最高裁判断;
    当該疾患の態様、程度などに照らし、加害者に損害額の全部を賠償させるのが公平を
    失するときは、民法722条2項の過失相殺の規定を類推適用して、被害者の当該疾患
    を斟酌することができるものと解するのが相当である。

 2.心理的な素因
  ○昭和63年最高裁判断;
    その損害がその加害行為のみによって通常発生する程度、範囲を超えるものであっ
    て、かつ、その損害の拡大について被害者の心因的要因が寄与しているときは、損害
    を公平に分担させるという損害賠償法に理念に照らし、民法722条2項の過失相殺の
    規定を類推適用して、その損害の拡大に寄与した被害者の右事情を斟酌することが
    できるものと解するのが相当である。

 に分かれるといわれています。

減額の程度については個々のケースで異なります。
数々の判例もありますが、今後も判例の集積が待たれる状況と考えます。

        
メールでの相談は無料です

      お気軽にメールください。ryoichi.akimoto@nifty.com


戻る