交通事故相談(仙台市)秋元良一行政書士事務所のホームページ


好意同乗について

同乗者の賠償額に関し、その同乗理由等を勘案し、一定の減額がされることがあります。
好意同乗(無償同乗)と呼ばれ、一定の減額がされることが通例です。

1.単なる同乗のみでは減額しないとするのが一般的です。
  ○加害運転手の居眠り運転を容認して乗車したわけではなく、また加害者から
   とり立てて居眠り防止のために同乗を依頼された事情もない以上、被害者には
   居眠りを防止したり、又は誘発しないため自らも居眠りしないようにする義務は
   ないから、好意同乗減額は認められないとした例

2.運転手と一体となって、危険運転を助長・誘発した場合等は減額されることが
 一般的です。
  ○友人が運転する自動車に同乗し死亡した事例に関し、友人がシンナーを吸引している
   ことを知りながら自動車の運転を委ねたとして30%の過失相殺を認めた例
  ○居酒屋で相当量の飲酒後にドライブに出かけ発生した事故に関し、30%の減額を
   認めた例

3.減額する場合、損害額全てにおいて減額する場合と、慰謝料に関してのみ減額を
 する場合があります。

4.被害者の同乗自動車と他の自動車との事故の場合の同乗減額に関しては、
 全く減額は必要無いとする考え方と、同乗理由に過失があった場合は減額されるという
 考え方があります。
        
メールでの相談は無料です

       お気軽にメールください。ryoichi.akimoto@nifty.com


戻る