交通事故相談(仙台市)秋元良一行政書士事務所のホームページ


過失割合について

過失割合」の実務でバイブル的存在の
別冊判例タイムズ16「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」
ついて、構成及びポイントを紹介します。(抜粋)

  ◎参考法令 ;道路交通法
         道路交通法施行規則
         道路交通法施行令

T 用語の説明
 A 道路に関する用語
 (1)道路
    道路法2条1項に規定する道路、道路運送法2条8項に規定する自動車道及び一般
    交通の用に供するその他の場所をいう。(法2条1項1号)
 (2)歩道
  歩行者の通行の用に供するため縁石線又はさくその他これに類する工作物によって
    区画された道路の部分をいう(法2条1項2号)。
 (3)車道
    車両の通行の用に供するため縁石線若しくはさくその他これに類する工作物又は道路
    標示によって区画された道路の部分をいう。(法2条1項3号)
 (4)走行車線
    2以上の車両通行帯の設けられた道路において、その最も右側の車両通行帯以外の
    車両通行帯をいう(法20条1項参照)。
  (5)追越車線
    2以上の車両通行帯の設けられた道路において、その最も右側の車両通行帯をいう
    (法20条1項・3項参照)。
 (6)歩行者用道路
    歩行者の通行の安全と円滑を図るため車両の通行が禁止されていることが道路標識
    等により表示されている道路をいう(法9条)。
 (7)安全地帯
    路面電車に乗降する者もしくは横断している歩行者の安全を守るため道路に設けられ
    た島状の施設又は道路標識及び道路標示により安全地帯であることが示されている
    道路の部分をいう。(法2条1項6号)
 (8)車両通行帯
     一般には「レーン」又は「車線」と呼ばれ、それぞれの車両が通行すべき道路上の帯
    状の部分をいう(法2条1項7号)
 (9)高速道路
    高速自動車国道法4条1項に定める高速自動車国道及び道路法48
    条の2第1項に定める自動車専用道路をいう。
 (10)本線車道
    高速道路の本線車線により構成する車道をいう(法2条1項3号の2)。
    いわゆるランプウェイ、加速車線、減速車線、登坂車線を含まない。
 (11)加速車線・減速車線
    道路構造令2条8号に規定する「変速車線」(自動車を加速させ、又は減速させることを
    目的とする車線)をいう。
 (12)登坂車線
    上り勾配の道路において速度の著しく低下する車両を他の車両から分離して通行させ
    ることを目的とする車線をいう(道路構造令2条6号)。
 (13)路側帯
    歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない
    道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の
    部分で、道路標示により区画されたものをいう(法2条1項3号の4)。
 (14)路肩
    道路の主要構造部を保護し、又は車道の効用を保つために車道に接続して設けられ
    ている帯状の道路の部分をいう(道路構造令2条10号)。
 (15)横断歩道
  道路標識又は道路標示により歩行者の横断の用に供するための場所であることが
    示されている道路の部分をいう(法2条1項4号)。
 (16)横断歩道上、横断歩道の直近、横断歩道の付近
    「横断歩道上」とは、道路標識等により歩行者の横断の用に供するための場所である
    ことが示されている道路の部分のみならず、その部分から1〜2m以内の場所を含
    む。
    「横断歩道の直近」とは、幅員おおむね14m(片側2車線)以上ある交通頻繁な幹線
    道路にあっては、横断歩道からおおむね10m以内の場所、それ以外の道路にあって
    は、横断歩道からおおむね5m以内の場所を想定している。
    「横断歩道の付近」については、幹線道路にあっては、横断歩道から40〜50m以内
    の場所、それ以外の道路にあっては、横断歩道から20〜30m以内の場所を想定し
    ている。
    但し、その適用に当たっては、具体的な道路状況等から総合的に判断すべきである。
 (17)自転車横断帯
    道路標識等により自転車の横断の用に供するための場所であることが示されている
    道路の部分をいう(法2条1項4号の2)。
 (18)優先道路
    道路標識等により優先道路として指定されているもの及び当該交差点において当該
    道路における車両の通行を規制する道路標識等による中央線又は車両通行帯が設け
    られている道路をいう(法36条2項)。
 (19)明らかに広い道路(広路)
    交差する道路の一方の幅員が他方より明らかに広い道路をいう(法36条2項・3項)。
    「明らかに広い」とは、自動車の運転者が交差点の入り口においてその判断により
    道路の幅員が客観的にかなり広いと一見して見分けられるものをいう。
 (20)幹線道路
    各地の道路状況、交通事情等から常識的に判断されるところであるが、歩車道の区
    別があって、車道幅員がおおむね14m以上(片側2車線以上)で、車が高速で走行
    し、通行量の多い国道や一部の県道を想定している。
 (21)歩道等の区別あり・なし
     歩車道の区別ある道路とは、歩道及び歩行者の通行に十分な幅員を有する路側帯と
    車道との区別のある道路をいい(法10条1項)、ここで「歩行者の通行に十分な幅員を
    有する路側帯」については、おおむね1mの幅員のある路側帯を想定している。
    修正要素としての「歩車道の区別なし」とは、それ以外の道路であることを意味する。
 (22)交差点
    十字路、丁字路その他2以上の道路が交わる場合における当該2以上の道路(歩道
    と車道の区別のある道路においては、車道)が交わる部分をいう(法2条1項5号)。
    交差点の範囲決定の方法については、側線延長方式、始端結合方式、始端垂直方式
    及び車両衝突推定地点方式の4つがある。
 (23)同幅員の交差点
    一方の道路が優先道路又は広路以外の交差点であり、一方に一時停止標識がある
    場合を除く。
 (24)左右の見通しがきかない交差点
    交差点進入直前において沿道の建物、駐車車両、広告塔、看板その他道路の状況に
    より、車両が進行している道路と左右に交差する道路見通しがきかない交差点をい
    う。左右両方の見通しがきかない場合の他、左か右の一方の見通しがきかない場合
    も含まれる。このような交差点では、車両は原則として徐行しなければならない(法
    42条1号)。
 (25)交通整理が行われている・いない交差点
    「交通整理」とは、信号機の表示する信号又は警察官の手信号等により、一定の時間
    は一方の道路を自由に通行させて、その間他の交通を停止することを交互に反復する
    措置をいう。従って、「信号機による交通整理の行われている交差点」とは、信号機の
    信号により、交互に一方の交通を止め、他方を通す方式による交通規制が行われてい
    る場合をいう。他方、信号機が設置されていても、黄色や赤色の灯火の点滅信号が
    表示されているだけの交差点は、「交通整理の行われていない交差点」(法36条)で
    ある。

 B 行為主体等に関する用語
 (1)歩行者
    道路を徒歩で通行する者をいう。小走りをしている者やジョギングをしている者も含ま
    れる。また、路上で工事に従事している者や、遊戯をしている者、単に佇立している
    者、横臥している者も含まれる。このほか、「身体障害者用の車椅子、歩行補助車等
    又は小児用の車を通行させている者及び大型自動二輪車若しくは普通自動二輪車、
    二輪の原動機付自転車又は二輪若しくは三輪の自転車を押して歩いている者」も、
    歩行者として扱われる(法2条3項1号・2号)。
    高速道路における歩行者とは、高速道路の本線車道上を自動車を降りて歩行して
    いる者をいい、佇立者も含む。
 (2)児童・高齢者、幼児・身体障害者等
    「児童」とは、6歳以上13歳未満の者をいう(法14条3項)。「幼児」とは6歳未満の者を
    いう。「高齢者」とは、おおむね65歳以上の者をいう。
    「身体障害者」とは、身体障害者用の車椅子を通行させている者、つえを携え、若しく
    は盲導犬を連れている目が見えない者、耳が聞こえない者又は道路の通行に著しい
    支障のある程度の肢体不自由、視覚障害、聴覚障害若しくは平衡機能障害のある者
    (令8条4項)でつえを携えている者をいう。
 (3)車両
    自動車、原動機付自転車、軽車両及びトロリーバスをいう(法2条1項8号)。これに路
     面電車を含めた概念が「車両等」である(法2条1項17号)
 (4)自動車
    原動機を用い、かつ、レール又は架線によらないで運転する車であって、原動機付自
    転車、自転車及び身体障害者用の車いす並びに歩行補助車その他の小型の車で政
    令の定めるもの以外のものをいう(法2条1項9号)。なお、道路運送車両法上の「自
    動車」の概念とは差異がある。
 (5)大型車
    大型自動車、すなわち、大型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車及び
    小型特殊自動車以外の自動車で、車両総重量が8000kg以上のもの、最大積載量
    が5000kg以上のもの又は乗車定員が11人以上のものをいう(規2条)。
 (6)原動機付自転車
    内閣府令で定める大きさ以下の総排気量又は定格出力を有する原動機を用い、か
    つ、レール又は架線によらないで運転する車であって、自転車、身体障害者用の車い
    す及び歩行補助車等以外のものをいう(法2条1項10号)。
 (7)軽車両
    自転車、荷車その他人若しくは動物の力により、又は他の車両に牽引され、かつレー
    ルによらないで運転する車(そり及び牛馬を含む)であって、身体障害者用の車椅子、
    歩行補助車等及び小児用の車以外のものをいう(法2条1項11号)。
 (8)四輪車
    自動車から大型自動二輪車(側車付きのものを含む。)、普通自動二輪車(側車付き
    のものを含む。)を除いたものをいう。三輪及び四輪を超える自動車を含む。
 (9)単車
    大型自動二輪車(側車付きのものを含む。)、普通自動二輪車(側車付きのものを含
    む。)だけでなく、原動機付自転車を含む。
 (10)自転車
    ペダル又はハンド・クランクを用い、かつ、人の力により運転する二輪以上の車(レー
    ルにより運転する車を除く。)であって、身体障害者用の車いす、歩行補助車等及び小
    児用の車以外のもの(人の力を補うため原動機を用いるものであって、内閣府令で定
    める基準に該当するものを含む。)をいう(法2条1項11号の2)。
 (11)道路外出入車
    駐車場やガソリンスタンドへの出入り、荷物の搬出入等のために道路から道路外に出
    たり、道路外から道路に進入したりする車両をいう。
 (12)合流車
    高速道路において、本線車道以外の道路(高速道路の駐車の用に供するため区画さ
    れた場所及び路肩を含む)から本線車道に入ろうとする自動車をいう。
 (13)前照灯、車幅灯、尾灯、非常点滅表示灯、駐車灯
    車両は、夜間、道路にあるときは、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなけれ
    ばならない(法52条)。また、自動車は、夜間、道路の幅員が5.5m以上の道路に停車
    し、又は駐車しているときは、非常点滅表示灯(いわゆるハザードランプ)又は尾灯を
    つけなければならない。ただし、駐車灯をつけて停車し、若しくは駐車しているとき、又
    は高速道路以外の道路において後方50mの距離から当該自動車が明瞭に見える程
    度に照明が行われている場所に停車し、若しくは駐車しているとき、若しくは高速道路
    以外の道路において夜間用停止表示器材若しくは警告反射板を後方から進行してく
    る自動車の運転者が見やすい位置に置いて停車し、若しくは駐車しているときは、こ
    の限りではない(令18条2項)。
 (14)停止表示器材
    高速道路において、自動車の運転者は、故障その他の理由により本線車道若しくはこ
    れに接する加速車線、減速車線若しくは登坂車線(本線車道等)又はこれらに接する
    路肩若しくは路側帯において当該自動車を運転することができなくなったときは、当該
    自動車が故障その他の理由により停止しているものであることを表示しなければなら
    ない(法75条の11第1項)。その表示方法は、夜間においては夜間用停止表示器材
    を、夜間以外の時間においては昼間用停止表示器材を、後方から進行してくる自動車
    の運転者が見やすい位置に置いて行なうものとされている(令27条の6)。
    夜間用停止表示器材については規9条の17が、昼間用静止表示器材については規9
    条の18が規定している。非常点滅表示灯(いわゆるハザードランプ)の点灯では足り
    ないことに注意すべきである。
 (15)初心者マーク等
    法71条の5第1ないし3項によって表示(努力)義務のある初心運転者標識(いわゆる
    初心者マーク)、高齢運転者標識(いわゆるシルバーマーク)、身体障害者標識、法87
    条3項によって表示義務のある練習運転のための標識をいう。

 C 交通規制に関する用語
 (1)信号機
    電気により操作され、かつ、道路の交通に関し、灯火により交通整理等のための信号
    を表示する装置をいう(法2条1項14号)。信号機の信号は、特定の交通に対してのみ
    意味を表示する場合があり、その例としては「歩行者専用」、「斜め横断専用」、「歩行
    者、自転車専用」及び「大型自動車専用がある(令2条3項・4項)。
 (2)青信号
    対面する信号機の信号が「青色の灯火」又は「人の形の記号を有する青色の灯火」で
    あることをいう(特に断らない限り、交差点進入直前におけるものをいう。)
    青信号は、@歩行者にとっては、「進行することができること」を意味し、A自動車等に
    とっては、「直進し、左折し又は右折することができること」を意味し、B右折につき、
    原動機月自転車は法34条5項本文の規定によることとされる交差点を通行する原動
    機付自転車(以下「多通行帯道路等通行原動機付自転車」という。)と軽車輌にとって
    は、「直進(右折しようとして右折する地点まで直進し、その地点において右折すること
    を含む。)し、又左折することができること」を意味する(令2条1項)。
 (3)黄信号
    対面する信号機の信号が「黄色の灯火」又は「人の形の記号を有する青色の灯火の
    点滅」であることをいう(特に断らない限り交差点進入直前におけるものをいう。)
    黄信号では、@歩行者にとっては、「道路の横断を始めてはならず、また、道路を横断
    している場合には速やかにその横断を終えるか、又は横断をやめて引き返さなければ
    ならないこと」を意味し、A車輌にとっては、「停止位置を越えて進行してはならないこ
    と(ただし、黄色の灯火が表示された時において当該停止位置に近接しているため安
    全に停止することができない場合を除く。)を意味する(令2条1項)。
 (4)赤信号
    対面する信号機の信号が「赤色の灯火」又は「人の形の記号を有する赤色の灯火」で
    あることをいう(特に断らない限り、交差点進入直前のものをいう。)
    赤信号は、@歩行者にとっては、「道路を横断してはならないこと」を意味し、A車輌に
    とっては、「停止位置を越えて進行してはならないこと」を意味し、B既に交差点におい
    て左折・右折をしている車輌にとっては「そのまま進行することができること」を意味
    し、C既に右折している原動機付自転車等にとっては、「その右折している地点におい
    て停止しなければならないこと」を意味する(令2条1項)。
 (5)青矢印
    対面する信号機の信号が「青色の灯火の矢印」であることをいう(特に断らない限り、
    交差点直前におけるものをいう。)。
    青矢印は、対面する信号機の信号が黄色の灯火又は赤色の灯火を表示しているとき
    であっても、「矢印の方向に進行することができること」を意味るが、多通行帯道路等
    通行原動機付自転車及び軽車両は、直進する軽車両とみなされる(令2条1項)。
 (6)黄点滅
    対面する信号機の信号が「黄色の灯火の点滅」であることをいう(特に断らない限り、
    交差点進入直前におけるものをいう。)
    黄点滅は、歩行者にとっても車両にとっても、「他の交通に注意して進行することがで
    きること」を意味する(令2条1項)。ここでの「注意」とは、「何ら特殊な運転方法ないし
    注意義務を課するものではない」とされている(最高裁判決)。
 (7)赤点滅
    対面する信号機の信号が「赤色の灯火の点滅」であることをいう(特に断らない限り、
    交差点進入直前のものをいう。)。
    赤点滅は、@歩行者にとっては、「他の交通に注意して進行することができること」を
    意味し、A車両にとっては、「停止位置において一時停止しなければならないこと」を
    意味する(令2条1項)。
 (8)(歩行者の)横断禁止場所
    歩行者は、道路標識等によりその横断が禁止されている道路の部分においては、
    道路を横断してはならない(法13条2項)。過失相殺基準における「横断禁止場所」と
    は、歩車道の区別があり、標識等(他に幅員が広くガードレールやフェンス等が設置され
    ている場合が考えられる。)により横断禁止であることが容易に認識できることを前提
    としている。
 (9)追越禁止場所
    道路標識等により追越禁止に指定された場所、道路の曲がり角付近、上り坂の頂上
    付近、勾配の急な下り坂、トンネル(車両通行帯設けられた道路を除く)、交差点(優
    先道路の場合を除く)、踏切、横断歩道等並びに交差点、踏切及び横断歩道等の手
    前側端から前に30m以内の部分をいう(法30条)。
 (10)導流帯(ゼブラゾーン)
    交差点等において通行する車両の安全かつ円滑な走行を誘導するために設置され
    る。導流帯の立入りについては、禁止条項や罰則はなく、単に車両の走行を誘導する
    ものに過ぎないが、車両の運転者の意識としても、導流帯にみだりに進入すべきでは
    ないと考えているのが一般的である。

 D 運転態様に関する用語
 (1)運転
    道路において、車両をその本来の用い方に従って用いることをいう(法2条1項17号)。
 (2)駐車
    車両が客待ち、荷待ち、貨物の積下し、故障その他の理由により継続的に停止する
    こと(貨物の積下しのための停止で5分を超えない時間内のもの及び人の乗降のため
    の停止を除く)又は車両が停止し、かつ、当該車両の運転をする者がその車両を離れ
    て直ちに運転することができない状態にあることをいう(法2条1項18号)。
 (3)停車
    車両が停止することで駐車以外のものをいう(法2条1項19号)。
    例えば、貨物の積卸しのため5分以内に限っての停車、人の乗降のための停止で運
    転者が直ちに運転できる状態での停車、その他駐車以外の停止の場合がある。
 (4)徐行
    車両が直ちに停止することができるような速度で進行することをいう(法2条1項20
    号)。
 (5)減速
    法定の徐行の程度に達している必要はないが、当該道路を通行する車両の通常の
    速度より明らかに減速していることをいう。一般に、時速40km制限の場所では、おお
    むね時速20km前後まで減速した場合を想定している。また、当該事故態様において
    衝突の危惧が具体的となった時点での速度を基準に考えるべきであり、衝突直前の
    急ブレーキによる減速は論外である。
 (6)一時停止
    法令の規定、警察官の命令、又は危険防止等のために停止することであり、時間の
    長短を問わないが、車両の車輪の回転が完全に止まることをいう。
 (7)追越し
    一般には、車両が他の車両に追付いた場合において、その進路を変えてその追付い
    た車両の側方を通過し、かつ、当該車両の前方に出ることをいう(法2条1項21号)。
    したがって、進路の変更をしないで前車の側方を通過して前方に出る行為は、追越し
    に当らず、このような場合を「追抜き」と称して「追越し」と区別している。
    また、二重追越しとは、前車が他の車両を追越そうとしているときに、更にその前車の
    追越しを始める場合をいう。
 (8)明らかな先入
    通常、衝突地点、衝突部位等により明らかとなるが、双方の速度差に留意して総合的
      に判断する必要がある。例えば、広路車と狭路車の衝突の場合は、狭路車は通常低
    速であり、ほとんど常に狭路車が先入となろうが、これがすべて修正要素とされるわけ
    ではない。広路車の通常の速度(制限速度内)を基礎として、狭路車の交差点進入時
    に直ちに制動又は方向転換の措置を採れば容易に衝突を回避できる関係にある場合
    に限って「明らかな先入」として修正する。
 (9)早回り右折
    交差点の中心の直近の内側(道路標識等により通行すべき部分が指定されていると
    きは、その指定された部分)を進行しない右折をいう。(法34条2項違反)
 (10)大回り右折
    あらかじめ道路の中央に寄らない右折をいう。(法34条2項違反)
 (11)直近右折
    直進車の至近距離で右折する場合をいう。
 (12)既右折
    直進車が交差点に進入する時点において、右折車が右折を完了しているか又はそれ
    に近い状態にあることをいう。
 (13)二段階右折
    軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、
    かつ、交差点の側端に沿って徐行しなければならない。(法34条3項)
 (14)法50条違反の交差点
    道路前方の車両の状況により、交差点に入ると当該交差点内で停止することとなっ
    て、交差道路における車両の通行の妨害となるおそれがあるときは、当該交差点に
    入ってはならない(法50条1項)ところ、これに反して交差点に進入することをいう。
    交差点がこのような状況にあるときには、右折車は直進車の進入がないことを期待し
    て右折することが定型的に予測されることから、修正要素として考慮される。
 (15)進路変更
    車線の変更のほか、同一車線内において、左右に方向を変えることをいう。車両は
    みだりにその進路を変更してはならない(法26条の2)。
 (16)進路妨害
    車両等が、進行を継続し、又は始めた場合においては危険を防止するため他の車両
    等がその速度又は方向を急に変更しなければならないこととなる恐れがあるときに、
    その進行を継続し、又は始めることをいう(法2条1項22号)。
 (17)割込み
    停止等している車両があるとき、それに追付いた車両がその側方を通過し停止等して
    いる車両と車両との間隙の同一進路上に無理に進入することをいう。車両は、その前
    方にある車両の側方を通過して当該車両の前方に割り込み、又はその前方を横切っ
    てはならない(法32条)。
 (18)転回
    車両は、歩行者又は他の車両の正常な交通を妨害するおそれがあるときは転回して
    はならない(法25条の2第1項)。ここで「他の車両の正常な交通を妨害するおそれが
    あるとき」とは、同一方向又は反対方向からの車両がそのため一時停止し、徐行し
    又はその進路を変えなければ引き続き進行することができなくなるような状態になる
    ことをいうものと解されている。
 (19)合図なし
    車両(自転車以軽車両を除く。)の運転者は、左折し、右折し、転回し、徐行し、停止
    し、後退し、又は同一方向に進行しながら進路を変えるときは、手、方向指示器又は
    灯火によ合図をし、かつ、これらの行為が終わるまで当該合図を継続しなければなら
    ない(法53条1項)が、これを欠く場合をいう。

 E その他修正要素として用いられる用語
 (1)夜間
    日没時から日出時までに時間をいう。車両は、夜間において灯火の点等義務があり、
    夜間以外の時間にあっても、トンネルの中、濃霧がかかっている場所その他の場所
    で、視界が高速自動車国道及び自動車専用道路においては200m、その他の道路に
    おいては50m以下であるような暗い場所は同様とされている(法52条1項、令19条)。
 (2)住宅街・商店街等
    人の横断・通行が激しいか、又は頻繁に予測される場所を想定している。
    工場、官庁街等における出退社の時刻、生活ゾーン、スクールゾーンも同様である。
 (3)著しい過失
    事故態様ごとに通常想定されている程度を超えるような過失をいう。
    車両一般の著しい過失の例としては、脇見運転等前方不注意の著しい場合、著しい
    ハンドル・ブレーキ操作不適切、携帯電話等の通話装置を通話のため使用したり、
    画像を注視しながら運転すること、おおむね時速15km以上30km未満の速度違反
    (高速道路を除く)、酒気帯び運転等が挙げられる。
    単車特有の著しい過失としては、ヘルメット不着用が挙げられる。
    自転車特有の著しい過失としては二人乗り、無灯火、傘を差すなどしてされた片手
    運転が挙げられる。
 (4)重過失
    著しい過失よりも更に重い、故意に比肩する重大な過失をいう。なお、著しい過失と
    重過失が修正要素として区別されている場合には、それぞれ与えられる数値は択一
    的に適用され、重複しては適用されない。
    車両一般の重過失の例としては、酒酔い運転居眠り運転、無免許運転、おおむね
    30km以上の速度違反(高速道路を除く)、過労、病気及び薬物の影響その他の理由
    により、正常な運転ができないおそれがある場合(法66条違反)等が挙げられる。
    自転車特有の重過失としては、制動装置不良、明らかな高速度進入が挙げられる。
    自転車の「明らかな高速度進入」とは、坂道をノーブレーキで下ってきた場合など
    高速度であることが容易に推認できる場合のみを意味する。



U 歩行者と四輪車・単車との事故
 1 横断歩行者の事故
  (1)横断歩道上の事故 
   ア 信号機の設置されている横断歩道上の事故
    (ア)歩行者と直進車との事故
      a 横断中の信号変更なし
 
過失基本
 歩行者 過失割合
青で横断開始 赤で進入
黄で横断開始 赤で進入 10
赤で横断開始 赤で進入 20
赤で横断開始 黄で進入 50
赤で横断開始 青で進入 70

      b 横断中の信号変更あり(安全地帯の無い場合)
過失基本
歩行者  車 過失割合
青で横断開始、その後赤になった場合 赤で進入
赤で横断開始、その後青になった場合 赤で進入 10
青で横断開始、その後赤になった場合 青で進入 20
黄で横断開始、その後赤になった場合 青で進入 30

      c 横断中の信号変更あり(安全地帯のある場合)
基本過失
歩行者 過失割合
青で横断開始、その後安全地帯の付近で
赤になった場合
青で進入 30
黄で横断開始、その後安全地帯の付近で
赤になった場合   
青で進入 40

    (イ)歩行者と右左折車との事故
      a 横断中の信号変更なし
過失基本
歩行者 過失割合
青で横断開始 青で進入
黄で横断開始 青で進入 30
赤で横断開始 青で進入 50
黄で横断開始 黄で進入 20
赤で横断開始 黄で進入 30
赤で横断開始 赤で進入 20

      b 横断中の信号変更あり
基本過失
歩行者 過失割合
青で横断開始、その後赤になった場合 赤で進入
赤で横断開始、その後青になった場合 赤で進入 10

   イ 信号機の設置されていない横断歩道上の事故
       基本過失;0

  (2)横断歩道外における事故
   ア 横断歩道の付近における事故
    (ア)信号機の設置されている横断歩道の直近における事故
      a 横断歩道通過後
 
基本過失割合
(車) (歩)青 (歩)黄 (歩)赤
(車)赤信号で直進  5 15 25
(車)黄信号で直進
50
(車)青信号で直進
70
(車)青信号のため右左折のため交差点進入 10
(車)青信号で右左折のための交差点進入
40
(車)青信号で右左折のための交差点進入
 70
(車)黄信号で右左折のための交差点進入
30 40
(車)赤信号で右左折のための交差点進入
25

  b 横断歩道の手前

  (イ)(ア)以外の横断歩道の付近における事故


   イ 横断歩道のない交差点又はその直近における事故
    (ア)幹線道路又は広路等における事故
    (イ)狭路等における事故
    (ウ)優先関係のない交差点における事故

   ウ 前記以外の場所による事故

 2 対向又は同方向進行歩行者の事故
  (1)歩行者用道路における事故

  (2)歩車道の区別のある道路における事故
   ア 歩道等における事故
   イ 車道における事故
    (ア)車道通行が許可されている場合
    (イ)車道通行が許可されていない場合

  (3)歩車道の区別のない道路における事故
   ア 道路の側端を歩行している場合
    (ア)右側端を歩行している場合
    (イ)左側端を歩行している場合

   イ 道路の側端以外を歩行している場合
    (ア)幅員8m以上の道路の中央部分を歩行している場合
    (イ)(ア)以外の場合

 3 路上横臥者等の事故
  (1)昼間の場合
  (2)夜間の場合

 4 後退車による事故
  (1)直後横断の場合
  (2)直後横断以外の場合


V 四輪車同士の事故
 1 交差点における直進車同士の出会い頭事故
  (1)信号機により交通整理の行われている交差点における事故
   ア 青信号車と赤信号車との事故
   イ 黄信号車と赤信号車との事故
   ウ 赤信号車同士の事故

  (2)信号機により交通整理の行われていない交差点における事故
   ア 同幅員の交差点の事故
   イ 一方通行違反のある場合
   ウ 一方が明らかに広い道路である場合
   エ 一方に一時停止の規制がある場合
   オ 一方が優先道路である場合
   カ 押しボタン式歩行者信号青色表示(車両用信号なし)と交差道路
     車両用信号赤色表示の交差点の場合

 2 交差点における右折車と直進車との事故
  (1)同一道路を対向方向から進入した場合
   ア 信号機により交通整理が行われている交差点における事故
    (ア)直進車・右折車ともに青信号で進入した場合
    (イ)直進車が黄信号で進入し、右折車が青信号で進入した後、黄信号で右折した
      場合
    (ウ)直進車・右折車ともに黄信号で進入した場合
    (エ)直進車・右折車ともに赤信号で進入した場合
    (オ)直進車が赤信号で進入し、右折車が青信号で進入した後、赤信号で右折した
      場合
    (カ)直進車が赤信号で進入し、右折車が黄信号で進入した後、赤信号で右折した
      場合
    (キ)直進車が赤信号で進入し、右折車が青矢印による右折可の信号で進入した
      場合

   イ 信号機により交通整理の行われていない交差点における事故


  (2)左又は右方向から進入した場合
   ア 信号機により交通整理の行われている交差点における事故
   イ 信号機により交通整理の行われていない交差点における事故
    (ア)同幅員の交差点の場合
    (イ)一方が明らかに広い道路である場合
    (ウ)一方に一時停止の規制がある場合
    (エ)一方が優先道路である場合

 3 交差点におけるその他の態様の事故
  (1)左折車と直進車との事故
  (2)右折車同士の事故
  (3)左折車と対向右折車との事故
  (4)右(左)折車と後続直進車との事故
   ア 右折車と追越直進車との事故
    (ア)追越しが禁止されている通常の交差点の場合
    (イ)追越しが禁止されていない交差点の場合
   イ あらかじめ中央(左側端)に寄らない右(左)折車と後続直進車との事故
    (ア)右折車が中央に寄るのに支障のない場合
    (イ)左折車が左側端に寄るのに支障のない場合
    (ウ)右折車があらかじめ中央に寄っては右折できない場合
    (エ)左折車があらかじめ左側端に寄っては左折ができない場合

  (5)丁字路交差点における事故
   ア 直線路直進車と右左折車との事故
   イ 右折車同士の事故

 4 道路外出入車と直進車との事故
  (1)路外から道路に進入するため右折する場合
  (2)路外から道路に進入するため左折する場合
  (3)路外に出るため右折する場合

 5 対向車同士の事故(センターオーバー)

 6 同一方向に進行する車両同士の事故
  (1)追越車と被追越車との事故
   ア 追越禁止場所における事故
   イ 追越禁止場所でない場所における事故

  (2)進路変更車と後続直進車との事故
  (3)追突事故(被追突車に法24条違反がある場合)
    ※理由のない急ブレーキ

 7 転回車と直進車との事故
  (1)転回中の事故
  (2)転回終了直後の事故

 8 駐停車車両に対する追突事故

W 単車と四輪車との事故
 1 交差点における直進車同士の事故
  (1)信号機により交通整理の行われている交差点における事故
   ア 単車青信号・四輪車赤信号
   イ 単車赤信号・四輪車青信号
   ウ 単車黄信号・四輪車赤信号
   エ 単車赤信号・四輪車黄信号
   オ 双方赤信号

  (2)信号機により交通整理の行われていない交差点における事故
   ア 同幅員の交差点の場合
    (ア)単車左方向・四輪車右方向
    (イ)単車右方向・四輪車左方向
   イ 一方が明らかに広い道路である場合
    (ア)単車広路・四輪車狭路
    (イ)単車狭路・四輪車広路
   ウ 一方に一時停止の規制がある場合
    (ア)単車規制なし・四輪車規制あり
    (イ)単車規制あり・四輪車規制なし
   エ 一方が優先道路である場合
    (ア)単車が優先道路を走行
    (イ)四輪車が優先道路を走行
   オ 一方通行違反がある場合
    (ア)四輪車が一方通行違反
    (イ)単車が一方通行違反

 2 交差点における右折車と直進車との事故
  (1)同一道路を対向方向から進入した場合
   ア 信号機により交通整理の行われている交差点における事故
    (ア)直進車・右折車ともに青信号で進入した場合
    (イ)直進車が黄信号で進入し、右折車が青信号で進入した後、黄信号で右折した
      場合
    (ウ)直進車・右折車ともに黄信号で進入した場合
    (エ)直進車・右折車ともに赤信号で進入した場合
    (オ)直進車が赤信号で進入し、右折車が青信号で進入した後、赤信号で右折した
      場合
    (カ)直進車が赤信号で進入し、右折車が黄信号で進入した後、赤信号で右折した
      場合
    (キ)直進車が赤信号で進入し、右折車が青矢印による右折可の信号で進入した
      場合

   イ 信号機により交通整理の行われていない交差点における事故
    (ア)単車直進・四輪車右折
    (イ)単車右折・四輪車直進

  (2)左又は右方向から進入した場合
   ア 信号機により交通整理の行われている交差点の場合
  イ 信号機により交通整理の行われていない交差点の場合
    (ア)同幅員の交差点の場合
    (イ)一方が明らかに広い道路である場合
    (ウ)一方に一時停止の規制がある場合
    (エ)一方が優先道路である場合

 3 交差点における左折車と直進車との事故
  (1)直進単車と左折四輪車との事故
  (2)左折単車と直進四輪車との事故

 4 渋滞中の車両間の事故

 5 道路外出入車と直進車との事故
  (1)路外車が道路に進入する場合
  (2)四輪車が路外に出るため右折する場合

 6 対向車同士の事故(センターオーバー)
  (1)単車センターオーバー・四輪車直進
  (2)単車直進・四輪車センターオーバー

 7 同一方向に進行する車両同士の事故
  (1)追越単車と被追越四輪車との事故
  (2)進路変更車と後続直進車との事故
  (3)追突事故(被追突車に法24条違反がある場合)
    ※法24条(急ブレーキの禁止)
       車両等の運転者は、危険を防止するためやむを得ない場合を除き、その車両を
       急に停止させ、又はその速度を急激に減ずることとなるような急ブレーキをかけて
       はならない。

 8 転回車と直進車との事故
  (1)転回中の事故
  (2)転回終了直後の事故

 9 ドア開放事故
      基本過失;後続車10:ドア開放車90

 10 駐停車車両に対する単車の追突事故
      基本過失;追突車100:被追突車0

X 自転車と四輪車・単車との事故
 1 交差点における直進車同士の出会い頭事故
  (1)信号機により交通整理の行われている交差点における事故
   ア 自転車青信号・四輪車赤信号
      基本過失;自転車0:四輪車100
   イ 自転車赤信号・四輪車青信号
      基本過失;自転車80:四輪車20
   ウ 自転車黄信号・四輪車赤信号
      基本過失;自転車10:四輪車90
   エ 自転車赤信号・四輪車黄信号
      基本過失;自転車60:四輪車40
   オ 双方赤信号
      基本過失;自転車30:四輪車70

  (2)信号機により交通整理の行われていない交差点における事故
   ア 同幅員の交差点の場合
      基本過失;自転車20:四輪車80
   イ 一方が明らかに広い道路である場合
      
過失基本
自転車 四輪車  過失割合
広路 狭路 自転車10:四輪車90
狭路 広路 自転車30:四輪車70

   ウ 一方に一時停止の規制がある場合
 
基本過失
自転車  四輪車 過失割合
規制なし 規制あり 自転車10:四輪車90
規制あり 規制なし 自転車40:四輪車60

   エ 一方が優先道路である場合
 
過失基本
自転車 四輪車 過失割合
優先道路
自転車10:四輪車90
優先道路 自転車50:四輪車50

   オ 一方通行違反がある場合
 
基本過失
 自転車  四輪車 過失割合
一方通行違反 自転車10:四輪車90
一方通行違反
自転車50:四輪車50

 2 交差点における右折車と直進車との事故
  (1)同一道路を対向方向から進入した場合
   ア 信号機により交通整理の行われている交差点における事故
   イ 信号機により交通整理の行われていない交差点における事故

  (2)同一道路を同一方向から進入した場合
   ア 信号機により交通整理の行われている交差点における事故
   イ 信号機により交通整理の行われていない交差点における事故

  (3)左又は右方向から進入した場合
   ア 信号機により交通整理の行われている交差点における事故
   イ 信号機により交通整理の行われていない交差点における事故


 3 交差点における左折車と直進車との事故
  (1)同一方向の直進自転車と左折四輪車との事故
   ア 直進自転車と先行左折四輪車
   イ 直進自転車と追越左折四輪車

  (2)対向方向の直進自転車と左折四輪車との事故

 4 道路外出入車と直進車との事故
  (1)路外車が道路に進入する場合
   ア 自転車直進・四輪車路外車
   イ 自転車路外車・四輪車直進

  (2)四輪車が路外に出るために右折する場合

 5 対向車同士の事故
  (1)ア 自転車センターオーバー・四輪車直進
     イ 自転車右側端通行・四輪車直進

  (2)自転車直進・四輪車センターオーバー

 6 進路変更に伴う事故
  (1)四輪車進路変更

  (2)自転車進路変更
   ア 前方障害物あり
   イ 前方障害物なし

 7 転回車と直進車との事故
  (1)自転車直進・四輪車展開中

  (2)自転車転回中・四輪車直進

 8 交差点以外における横断自転車の事故

Y 高速道路上の事故
 1 合流地点における事故
  (1)四輪車同士の事故
       基本過失;本線車30:合流車70

  (2)自動二輪車と四輪車との事故
   ア 自動二輪車が本車線を走行する場合
       基本過失;本線車20:合流車80
   イ 自動二輪車が加速車線を走行する場合
       基本過失;本線車40:合流車60

 2 進路変更に伴う事故
  (1)四輪車同士の事故
   ア 走行車線から追越車線へ進路変更する場合
       基本過失;後続直進車20:進路変更車80
   イ その他の場合

  (2)自動二輪車と四輪車との事故
   ア 走行車線から追越車線へ進路変更する場合
    (ア)四輪車進路変更
       基本過失;後続直進車10:進路変更車90
    (イ)自動二輪車進路変更
       基本過失;後続直進車30:進路変更車70

   イ その他の場合
    (ア)四輪車進路変更
       基本過失;後続直進車20:進路変更車80
    (イ)自動二輪車進路変更
       基本過失;後続直進車40:進路変更車60 

 3 追突事故
  (1)本線車道上に駐停車中の自動車に対する追突事故
   ア 四輪車同士の事故
       基本過失;追突車60:被追突車40
   イ 自動二輪車と四輪車との事故
    (ア)四輪車駐停車
       基本過失;追突車50:被追突車50
    (イ)自動二輪車駐停車
       基本過失;追突車70:被追突車30
 
  (2)路肩等に駐停車中の自動車に対する追突事故
       基本過失;追突車100:被追突車0

  (3)追突事故(被追突車に法24条違反がある場合)
   ア 四輪車同士の事故
       基本過失;追突車50:被追突車50
   イ 自動二輪車と四輪車との事故
    (ア)四輪車に法24条違反がある場合
       基本過失;追突車40:被追突車60
    (イ)自動二輪車に法24条違反がある場合
       基本過失;追突車60:被追突車40

 4 落下物による事故
       基本過失;後続車40:先行車60

     ※主として、高速道路の本線車道を走行していた自動車が同車線上に落下
         していた物によって事故に至った場合を想定。

 5 歩行者と自動車との事故
  (1)本線車道を歩行中の歩行者の事故
       基本過失;80%

  (2)駐停車車両の近傍の歩行者の事故
       基本過失;40%
       
メールでの相談は無料です

        お気軽にメールください。ryoichi.akimoto@nifty.com


戻る