交通事故相談(仙台市)秋元良一行政書士事務所のホームページ


任意保険(自動車保険)について

任意保険(自動車保険)の内容
 自賠責保険が強制保険と呼ばれることに対比し、自動車保険を任意保険と呼びます。
 任意保険はその約款により補償内容や範囲が決まってきます。但し、現在は規制緩和に
 より、各社ごとに「約款」が作成されており、商品内容は各社ごとに違っていると言えます。
 しかし基本的なフレームには大差がなく、交通事故の最終解決のためには、共通した担保
 内容を習得することは不可欠です。

1.車両保険
 事故により、契約車が損害を被った場合に支払われる。
  @「一般条件」と「車対車特約」「限定特約」等を選択し加入する。
    ・一般条件    ;契約車が損傷若しくは盗難にあった場合等殆どの事故に対応する。
    ・車対車特約  ;車同士の衝突・接触事故等に限定して支払われる。
    ・危険限定特約;盗難等走行に起因しない事故に対して支払う。
  A自己負担額(免責金額)を選択し加入する。
  B新車特約
  C車両超過修理費特約
 
2.対人賠償保険
  @示談交渉サービス
  A弁護士費用特約
  B他車運転危険担保特約

3.対物賠償保険
  @示談交渉サービス
  A弁護士費用等特約
  B相手自動車全損時超過修理費担保特約
  C他車運転危険担保特約

4.人身傷害保険(人身傷害補償特約)
  @契約車に搭乗中や他の車に搭乗中の事故、歩行中など車外の自動車事故も補償
   される。(但し、一般条件の場合であり確認が必要。また「他の車」には二輪自動車や
   原動機付自転車は含まれない。)
    ◎一般条件;契約車に搭乗中の事故
            他の車両に搭乗中の事故
            歩行中など車外での事故
     ※約款中の「人身傷害補償特約損害額算定基準」により算出される。
      但し、休業損害や慰謝料、後遺障害逸失利益等は運用幅があるので交渉の余地
      あり。
     ※契約者側に過失割合が多い場合や自損事故の場合、歩行中の事故の場合等
      加入のメリットは大きい。
  A事故の過失割合に関係なく、約款に従い損害額が補償される。
   (相手車過失分については保険会社間で求償される。)
  B被保険自動車搭乗中のみ補償特約
   補償が契約車搭乗中のみに限定、その分保険料が低廉。

5.自損事故保険
  @自損事故で運転者や搭乗者が死傷した場合に、自賠責保険や人身傷害保険で補償が
   受けられない場合に、約款により補償される。

6.無保険車傷害保険
  @相手車が無保険(任意保険がの意味)の場合、契約車に搭乗し死亡または後遺障害を
   被った場合に、相手から充分な補償を受けることが出来なかった場合に補償される。
   また個人契約の場合は、搭乗中以外の場合も補償される場合がある。
  A保険金額は対人賠償保険と同額です。

7.搭乗者傷害保険
  @契約車に搭乗中に自動車事故で死傷した場合に補償される。相手車から補償があった
   場合も別個に支払いとなります。
  A「入・通院日額払い」と「部位症状別定額払い」の加入法があります。
   部位症状払いの方が保険料は安価です。

8.その他の特約(抜粋)
  @代車費用特約
  A事故付随費用担保特約
  B積載動産損害担保特約
  C日常生活賠償責任担保特約
  Dファミリーバイク特約
  E他車運転危険担保特約

9.保険料割引の一例
  @運転者家族限定割引
   ※家族の範囲;本人(記名被保険者)
            配偶者・本人または配偶者の同居の親族
            別居の未婚の子(婚姻暦のある場合を除く)
  A運転者夫婦限定割引
  B運転者本人限定割引
  C複数所有新規割引
  Dノンフリート多数割引
  E長期優良契約割引
  F新車割引
  G盗難防止装置設置車割引
  H低公害車割引
  I福祉車両割引
  Jエアバック・ディアルエアバック割引
  K衝突安全ボディ割引
  LABS・横滑防止装置割引
        
メールでの相談は無料です

       お気軽にメールください。ryoichi.akimoto@nifty.com


戻る