交通事故相談(仙台市)秋元良一行政書士事務所のホームページ


異議申立と紛争処理機構について

1.後遺障害等級異議申立について
 後遺障害が認定されるかどうかは、その後の損害賠償交渉において大きな分岐点です。
 慎重に必要書類等を整備して請求すべきです。

  @損害保険料率算出機構「自賠責損害調査事務所」が決定した後遺障害等級結果につい
  ては「異議申立」をする事ができます。任意保険会社が行った「事前認定申請」でも直接
  行う被害者請求でもいずれも可能です。

 A異議申立をする窓口は、任意保険会社(事前認定の場合)、自賠責保険会社、調査事務
  所いずれも可能です。

 B申請用紙は任意保険、自賠責保険会社から入手します。自分で作成しても大丈夫です。

 C問題はその内容です。単純に結果に納得できないと記入してもまず認められません。
  不利な状況を変える新しい資料が不可欠です。新しい資料とは、
  ・カルテ
  ・主治医意見書又は所見書=後遺障害等級結果に対する反論書
  ・他の病院の診断書
  ・MRI画像等

 D申請して結果が出るまで約2ヶ月です。

 
 申請書例;
           異 議 申 立 書
                                    平成20年  月  日

   ○○○○保険会社御中

                                 申立人氏名  ○○ ○○
                                     住所
                                     連絡先
 
  証明書番号      ○○○○○      
  被害者名       ○○ ○○       
  事故発生日 平成○○年○月○○日

  添付資料 1.主治医意見書
  2.○○病院カルテ
  3.MRI画像○枚

  異議申立の趣旨





 




2.自賠責紛争処理申請について
 @上記の異議申立(理論上は何回でも出来ます)の結果に対しても納得が行かない場合、
  一般財団法人自賠責保険・共済紛争処理機構に紛争処理請求をする事ができます。
  HPに申請書類のダウンロード等詳しい記載があります。

 A申請できる内容
  ・過失の有無や被害者側の重大な過失により減額がある場合の過失割合に関すること
  ・事故と損害との因果関係に関すること
  ・後遺障害の等級認定に関すること
  ・個々の損害の認定額に関すること
  ・その他

 B紛争の問題点、交渉の経過の概要及び請求の内容を別紙に記入します。
  証拠書類その他の参考資料(経過診断書や画像等)を添付します。この際、可能な限り
  新証拠書類等(主治医意見書や診断書等)を添付すべきです。
  医療機関や保険会社への調査のための「同意書」も添付します。(HPよりダウンロード)

 C申請して結果が出るまで3ヶ月は見なくてはなりません。
  結果は当然に保険会社を拘束します。
        
メールでの相談は無料です

       お気軽にメールください。ryoichi.akimoto@nifty.com


戻る