交通事故相談(仙台市)秋元良一行政書士事務所のホームページ


後遺障害別等級表

※平成22年6月10日以後発生事故に適用

(別表第1) 
 
等 級 後遺障害 保険金額
第01級 01 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、
  常に介護を要するもの
02 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
4000万円
第02級 01 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、
  随時介護を要するもの
02 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
3000万円

(別表第2)          
 
等 級 後遺障害 保険金額
第01級 01 両眼が失明したもの
02 咀嚼及び言語の機能を廃したもの
03 両上肢をひじ関節以上で失ったもの
04 両上肢の用を全廃したもの
05 両下肢をひざ関節以上で失ったもの
06 両下肢の用を全廃したもの
3000万円
第02級 01 1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
02 両眼の視力が0.02以下になったもの
03 両上肢を手関節以上で失ったもの
04 両下肢を足関節以上で失ったもの
2590万円
第03級 01 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
02 咀嚼又は言語の機能を廃したもの
03 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に
  服することができないもの
04 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服すること
  ができないもの
05 両手の手指の全部を失ったもの
2219万円
第04級 01 両眼の視力が0.06以下になったもの
02 咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
03 両耳の聴力を全く失ったもの
04 1上肢をひじ関節以上で失ったもの
05 1下肢をひざ関節以上で失ったもの
06 両手の手指の全部の用を廃したもの
07 両足をリスフラン関節以上で失ったもの
1889万円
第05級 01 1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
02 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な
  労務以外の労務に服することができないもの
03 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外
  の労務に服することができないもの
04 1上肢を手関節以上で失ったもの
05 1下肢を足関節以上で失ったもの
06 1上肢の用を全廃したもの
07 1下肢の用を全廃したもの
08 両足の足首の全部を失ったもの
1574万円
第06級 01 両眼の視力が0.1以下になったもの
02 咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
03 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない
  程度になったもの
04 1耳の聴力を失い、他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では
  普通の話声を解することができない程度になったもの
05 脊柱に著しい奇形又は運動障害を残すもの
06 1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
07 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
08 1手の5の手指又はおや指を含み4の手指を失ったもの
1296万円
第07級 01 1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
02 両耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解す
  ることができない程度になったもの
03 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では
  普通の話声を解することができない程度になったもの
04 神経系統の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服す
  ることができないもの
05 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に
  服することができないもの
06 1手のおや指を含み3の手指を失ったもの又はおや指以外の4の
手指を失ったもの
07 1手の5の手指又はおや指を含み4の手指の用を廃したもの
08 1足をリスフラン関節以上で失ったもの
09 1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
10 1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
11 両足の足指の全部の用を廃したもの
12 外貌に著しい醜状を残すもの
13 両側の睾丸を失ったもの
1051万円

第08級
01 1眼が失明し、又は1眼の視力が0.02以下になったもの
02 脊柱に運動障害を残すもの
03 1手のおや指を含み2の手指を失ったもの又はおや指以外の3の
手指を失ったもの
04 1手のおや指を含み3の手指の用を廃したもの又はおや指以外
の4の手指の用を廃したもの
05 1下肢を5センチメートル以上短縮したも
06 1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
07 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
08 1上肢に偽関節を残すもの
09 1下肢に偽関節を残すもの
10 1足の足指の全部を失ったもの
819万円
第09級 01 両眼の視力が0.6以下になったもの
02 1眼の視力が0.06以下になったもの
03 両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
04 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
05 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
06 咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
07 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解すること
ができない程度になったもの
08 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない
程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声
を解することが困難である程度になったもの
09 1耳の聴力を全く失ったもの
10 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる
労務が相当な程度に制限されるもの
11 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が
相当な程度に制限されるもの
12 1手のおや指又はおや指以外の2の手指を失ったもの
13 1手のおや指を含み2の手指の用を廃したもの又はおや指以外
3の手指の用を廃したもの
14 1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったの
15 1足の足指の全部の用を廃したもの
16 外貌に相当程度の醜状を残すもの
17 生殖器に著しい障害を残すもの  
 616万円
第10級 01 1眼の視力が0.1以下になったもの
02 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
03 咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
04 14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
05 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解すること
が困難である程度になったもの
06 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない
程度になったもの
07 1手のおや指又はおや指以外の2の手指の用を廃したもの
08 1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
09 1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの
10 1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
11 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
461万円
第11級 01 両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
02 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
03 1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
04 10歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
05 両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができ
ない程度になったもの
06 1耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解する
ことができない程度になったもの
07 脊柱に奇形を残すもの
08 1手のひとさし指、なか指又はくすり指を失ったもの
09 1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの
10 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の
支障があるもの
331万円
第12級 01 1眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
02 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
03 7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
04 1耳の耳殻の大部分を欠損したもの
05 鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい奇形を残す
もの
06 1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
07 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
08 長官骨に奇形を残すもの
09 1手のこ指を失ったもの
10 1手のひとさし指、なか指又はくすり指の用を廃したもの
11 1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を
失ったもの又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの
12 1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの
13 局部に頑固な神経症状を残すもの
14 外貌に醜状を残すもの
224万円
第13級 01 1眼の視力が0.6以下になったもの
02 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
03 1眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
04 両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
05 5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
06 1手のこ指の用を廃したもの
07 1手のおや指の指骨の一部を失ったもの
08 1下肢を1センチメートル以上短縮したもの
09 1足の第3の足指以下の1又は2の足指を失ったもの
10 1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み
2の足指の用を廃したもの又は第3の足指以下の3の足指の
用を廃したもの
11 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの
139万円
第14級 01 1眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
02 3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
03 1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができ
ない程度になったもの
04 上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
05 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
06 1手のおや指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
07 1手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸すること
ができなくなったもの
08 1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの
09 局部に神経症状を残すもの
75万円

  備考;
 
1 視力の測定は、万国式試視力表による、屈折異常のあるものについては、
矯正視力について測定する。
2 手指を失ったものとは、おや指は指節間関節、その他の指は近位指節間関節
以上を失ったものをいう。
3 手指の用を廃したものとは、手指の末節骨の半分以上を失い、又は中手指節
関節若しくは近位指節間関節(おや指にあっては、指節間関節)に著しい運動
障害を残すものをいう。
4 足指を失ったものとは、その全部を失ったものをいう。
5 足指の用を廃したものとは、第一の足指は末節骨の半分以上、その他の足指
は遠位指節間関節以上を失ったもの又は中足指節関節若しくは近位指節間
関節 (第一の足指にあっては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものを
いう。
6 各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であって、各等級の後遺障害に相当
するものは、当該等級の後遺障害とする。

  注;
 
1 後遺障害の等級及び号数並びに保険金額(平成14年4月1日以降)は
自賠法施行令第2条別表第一及び第二による。
本等級表は平成23年5月2日施行、平成22年6月10日以降発生の事故
に適用される。
平成16年及び平成18年及び平成23年に別表(後遺障害等級表)の改定あり。
2 施行令別表第一備考及び別表第二備考六では「各等級の後遺障害に該当
しない後遺障害であって、各等級の後遺障害に相当するものは、当該等級の
後遺障害とする。」とされ、実務では「相当」として等級表にない後遺障害に
つき等級を認定して いる。
3 身体障害が2以上あるときは、重い方の身体障害の該当する等級による。
(併合) しかし、下記に掲げる場合においては等級を次の通り繰り上げる。
@ 第13級以上に該当する身体障害が2つ以上あるときは、重い方の身体障害1級
を繰り上げる。ただし、それぞれの後遺障害に該当する保険金額の合算額が
繰上げ後の後遺障害の保険金額を下回るときはその合算額を保険金額として
採用する。
A 第8級以上に該当する身体障害が2つ以上あるときは、重い方の身体障害2級
を繰り上げる。
B 第5級以上に該当する身体障害が2つ以上あるときは、重い方の身体障害3級
を繰り上げる。
4  既に身体障害があった者がさらに同一部位について障害の程度を加重したとき
は、加重後の等級に応ずる保険金額から既にあった障害の等級に応ずる保険
金額を控除した金額を保険金額とする。


-------------------------------------------------------------------
〔解説〕
  1、神経障害について
    @ 9級の10 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、
     服することが出来る労務が相当な程度に制限されるもの
 
     脳や脊髄などの中枢神経系の障害が前提となる。
     身体障害者等級と違い、手術までは及ばない神経系統の障害で
     12級を超えて9級が認定されることは極めて少ない。

    A 12級の13 局部に頑固な神経症状を残すもの
     他覚的に神経症状の障害が証明されるもの
     他覚的にとは、「他覚的検査により」との理解です。
     X線撮影は勿論、MRI撮影により「器質的損傷」があるかの判断が重要です。

     
      ○頚部の神経症状検査の例
         スパーリングテスト
         握力検査
         徒手筋力検査
         筋萎縮検査
         知覚検査
         腱反射
         病的反射

      ○腰部の神経症状検査の例
          ラセーグテスト
          SLRテスト
          FNSテスト
          徒手筋力検査
          筋萎縮検査
          知覚検査
          腱反射

    B 14級の9 局部に神経症状を残すもの
     神経系統の障害が医学的に推定されるもの
     労災保険の障害認定基準に準拠している自賠責保険実務上は、
     器質的損傷によるものとの証明が出来ない心因反応は、外傷性神経症に該当
     するとして後遺障害14級9号と認定されている。

     ※労災保険の障害認定基準に準拠している自賠責保険実務上は、
      器質的損傷によるものとの証明が出来ない心因反応は、外傷性神経症に
      該当するとして後遺障害14級9号と認定されている。

  2、眼の障害について
 
第01級1号 両眼が失明したもの
第02級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
第02級2号  両眼の視力が0.02以下になったもの
 視力は万国式試視力表による矯正視力を指す。
コンタクトレンズで矯正する場合も含まれる。
第03級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
第04級1号 両眼の視力が0.06以下になったもの
第05級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
第06級1号 両眼の視力が0.1以下になったもの
第07級1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
第08級1号 1眼が失明し、又は1眼の視力が0.02以下になったもの
第09級1号 両眼の視力が0.6以下になったもの
第09級2号 1眼の視力が0.06以下になったもの
第09級3号 両眼に反盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
 V/4視標による8方向の視野の角度の合計が、
正常視野の角度の60%以下になった場合とされる。
第09級4号 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
第10級1号 1眼の視力が0.1以下になったもの
第10級2号 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
 複視については、従前では実務上「相当」として、
正面視で複視があるものを12級に、それ以外の複視を
14級と評価していたが、平成16年度施行令改定により
新設され、正面視複視を10級、それ以外の複視を13級とした。
第11級1号 両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
第11級2号 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
第11級3号 1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
第12級1号 1眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
第12級2号 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
第13級1号 1眼の視力が0.6以下になったもの
第13級2号 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
第13級3号 1眼に反盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
第13級4号 両眼のまぶたの1部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
第14級1号 1眼のまぶたの1部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの

  3、耳の障害について
   @両耳の聴力に関するもの(抜粋)
 
 04級03号 両耳の聴力を全く失ったもの(平均純音聴力レベルが90db以上、
又は80db以上且つ最高明瞭度が30%以下のもの)
06級03号  両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することが出来ない程度に
なったもの(80db以上、又は50db〜80db未満且つ最高明瞭度
が30%以下のもの)
06級04号  (略)
07級02号  (略)
07級03号  (略)
09級07号  (略)
09級08号 (略)
10号04号 両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難
である程度になったもの(両耳が50db以上、又は40db以上且つ
最高明瞭度が70%以下のもの)
11号05号 両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することが出来ない程度
になったもの(両耳が40db以上のもの)

   
   A1耳の聴力に関するもの
 
09級09号 1耳の聴力を全く失ったもの(平均純音聴力レベルが90db以上の
もの)
10級05号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することが出来ない程度に
なったもの(80db〜90db未満のもの)
11級06号 1耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することが
出来ない程度になったもの(70db〜80db未満のもの、
又は50db以上で且つ最高明瞭度が50%以下のもの)
12級04号  1耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することが出来ない程度
になったもの(40db〜70db未満のもの)

 
   4、醜状について
   (22年6月9日以前の事故に適用)
   @外貌に関する醜状
 
第07級12号 女子の外貌に著しい醜状を残すもの
第12級14号  男子の外貌に著しい醜状を残すもの
外貌とは、頭部、顔面部、頚部のごとく、上肢及び下肢以外の
日常露出する部分をいい、著しい醜状は、
 a 頭部の、手のひら大(指の部分は含まない)以上の瘢痕
  又は頭蓋骨の手のひら大以上の欠損、
 b 顔面部の、鶏卵大面以上の瘢痕、長さ5センチメートル以上
  の線状痕又は10円銅貨大以上の組織陥凹、
 c 頚部の、手のひら大以上の瘢痕、が該当する。
第12級15号 女子の外貌に醜状を残すもの
第14級10号 男子の外貌に醜状を残すもの
以下のもので、人目につく程度以上のもの。
瘢痕、線状痕及び組織陥凹であって眉毛、頭髪等にかくれる部分
については該当しないとされる。
 a 頭部の、鶏卵大面以上の瘢痕又は頭蓋骨の鶏卵大面以上の
  欠損、
 b 顔面部の、10円銅貨大以上の瘢痕又は長さ3センチメートル
  以上の線状痕、
 c 頚部の、鶏卵大面以上の瘢痕

   A上肢・下肢の露出面の醜状
 
第14級4号 上肢の露出面に手のひら大の大きさの醜いあとを残すもの
第14級5号 下肢の露出面に手のひら大の大きさの醜いあとを残すもの
露出面とは、上肢の場合は、上腕から指先まで、下肢の場合は、
大腿から足の背までを指すとされる。露出面に手のひら大以上の瘢痕が
残った場合がこれにあたる。
内規では、手のひら大の3倍程度以上を超える瘢痕があれば、
特に著しい醜状とされ、12級相当と判断される場合もある。

   B日常露出しない部分の醜状について
      内規では、外貌、上肢・下肢の露出面以外の部分に関し、胸部と腹部、
      背部と臀部の合計面積の4分の1以上の部分に瘢痕を残すものを14級相当、
  2分の1以上の部分に瘢痕を残すものを12級相当としているようです。


   (22年6月10日以降の事故に適用)
 
第07級12号 外貌に著しい醜状を残すもの
原則として、次のいずれかに該当する場合で、人目につく
程度以上のものをいう。
 @頭部にあっては、てのひら大(指の部分は含まない)以上
  の瘢痕又は頭蓋骨のてのひら以上の欠損
 A顔面部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕又は10円銅貨大
  以上の組織陥没
 B頸部にあっては、てのひら大以上の瘢痕       
第09級16号  外貌に相当程度の醜状を残すもの
原則として、顔面部の長さ5センチメートル以上の線状痕で、
人目につく程度のものをいう。
第12級14号 外貌に単なる醜状を残すもの
原則として、次のいずれかに該当する場合で、人目につく
程度のものをいう。
 @頭部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕又は頭蓋骨の
  鶏卵大面以上の欠損
 A顔面部にあっては、10円銅貨以上の瘢痕又は長さ3センチ
  メートル以上の線状痕
 B頸部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕
第12級15号 女性の外貌に醜状を残すもの(削除)
第14条03号 上肢の露出面にてのひら大の醜いあとを残すもの
第14級04号 下肢の露出面にてのひら大の醜いあとを残すもの
第14級10号 男性の外貌に醜状を残すもの(削除)

 
------------------------------------------------------------
  後遺障害等級の異議申立について  
 
   @後遺障害等級は申請から約1ヶ月〜2ヶ月掛かり決定される。
     決定された等級が予想より下位の場合、不服であれば異議申立が
      できる。
   A保険会社や調査事務所は、等級基準の更に詳細な内規を保有しており、
      --上記の3、耳の障害数値の例--それに照らし等級が決定される。
   B異議申立の際は、再度、現在の状況を病院所定の診断書等に書いて
      もらい、添付が望ましい。(後遺障害診断書用紙でなくてもよい。)
     異議申立から1ヶ月〜2ヶ月掛かり、再度決定が通知される。


-------------------------------------------------------------
 
         
メールでの相談は無料です

      お気軽にメールください。ryoichi.akimoto@nifty.com


戻る