交通事故相談(仙台市)秋元良一行政書士事務所のホームページ


自覚症状と他覚所見について

神経症状について

1 むち打ち症は「神経症状」と呼ばれる範疇に入ります。
  該当等級は脳損傷や脊髄損傷といった特に重い障害でない限り、次のいずれかになり
  ます。
○14級 9号 局部に神経症状を残すもの
○12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの

2 14級の該当は、患者が訴える自覚症状(痛み、痺れ、苦しさ、不快感等)が医学的に
  推定される場合とされます。つまり医師から見てその自覚症状は交通事故が原因である
  と思われる場合です。(自覚症状のみ)
  一方12級には「頑固な」という言葉が入ります。「頑固な」とはXPやCTあるいはMRI等の
  画像から骨や神経の異常が読み取れる場合、つまり医師による他覚所見がある場合で
  す。例;頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニア等 
    注)12級に認定されるためには、他覚所見が治療終了時(=症状固定時)に存在する
      ことが条件で、事故当初はあったが治療の結果消えた場合等は12級は認定され
      ません。症状固定時に14級程度の症状が残る場合は、当然14級が認定される
      可能性はあります。稀に否認(非該当)となる場合もあります。

3 また「他覚所見」はヘルニアだけではありません。様々な神経症状の異常がある場合、
  該当する「神経学的テスト」を受け、結果を後遺障害診断書に記入して貰い申請します。
  神経学的テストには
  ・スパーリングテスト ・握力検査 ・徒手筋力検査 ・筋萎縮検査 ・知覚検査 
  ・腱反射 ・病的反射 等がありますので症状に合わせ医師 に相談下さい。

4 認定後は12級と14級では損害賠償算定が違ってきます。
 @逸失利益については基礎収入は同じですが、労働能力喪失率が当然違います。
   ・12級→14%
   ・14級→ 5%
 A労働能力喪失期間も12級で5年〜10年前後、14級で3年〜5年前後が判例等で示され
  た基準となります。
  
         
メールでの相談は無料です

      お気軽にメールください。ryoichi.akimoto@nifty.com


戻る