交通事故相談(仙台市)秋元良一行政書士事務所のホームページ


交通事故の様々な悩み

1 人身事故について
 @事故が発生し被害者(または加害者)となったが今後どうしたらいいか。
  ⇒解決への流れ

 A交通事故に健康保険・労災保険は使えるのか。
  ⇒使えます。第三者行為届を提出。業務中の事故は基本的には労災を優先させる。

 B治療中だが、当面の生活費を請求したい。
  ⇒休業損害の内払いを依頼する。

 C保険会社から治療中止と言われた。
  ⇒主治医の判断を聞き、保険会社へ依頼する。

 D後遺障害を申請したが「非該当」となった。あるいは14級止まりであった。納得できない。
  ⇒異議申立申請

 E治療が終了し、相手側保険会社から「損害賠償額(示談)の提示」を受けた。
  金額の妥当性と進め方がわからない。
  ⇒損害賠償基準3基準を理解する。

 F加害者は自賠責保険しか加入していない。どう進めたらいいか。
  ⇒相手が補償してくれない場合、自賠責被害者請求

 G自分は加害者側だが、今後どう補償をしていったらいいか。
  ⇒誠実な対応、補償後示談、加害者請求

 Hひき逃げ事故に遭った、または加害者が無保険(自賠責保険加入なし)である、
  どうしたらいいか。
  ⇒政府の保障事業へ請求

 I単独事故でケガをした。
  ⇒人身傷害保険(加入があれば)へ請求、搭乗者傷害保険請求

 J当方の過失が大きい人身事故の場合
  ⇒人身傷害保険(加入があれば)への請求と搭乗者傷害保険請求

 K日弁連交通事故相談センター、または交通事故紛争処理センターを利用したい。
  ⇒利用方法の理解


2 物損事故について
 @修理費を請求したいが、保険会社は時価額が限度という。
  ⇒車両保険新価特約
  ⇒相手自動車全損時超過修理費等担保特約(対物事故の場合)

 A代車料はいつまで認められるか。
  ⇒妥当な修理期間

 B買換え費用を請求したい。
  ⇒保険会社の対応は厳しい。

 C格落損害を請求したい。
  ⇒新車の場合等、限定的

 D保険会社が言う「過失割合」が納得できない。
  ⇒判例タイムズが基本。
         
メールでの相談は無料です

              お気軽にメールください。ryoichi.akimoto@nifty.com


戻る