交通事故相談(仙台市)秋元良一行政書士事務所のホームページ


当事務所のポリシーとプロフィール

1、開業12年目です。どうぞ宜しくお願いします。
  (宮城県行政書士会所属)
  32年間の損害保険会社勤務の経験を生かし、精一杯頑張ります。

2、現在68才、お客様の為に迅速・誠実に行動し、「敷居の低い街の法律家」を目指します。

3、特に仙台市のお客様にはすぐに出張します。
  (市内出張料無料--仙台市以外のお客様は実費等別途ご相談します。)
  お気軽にお電話・メール下さい

4、交通事故相談内容証明業務、相続遺言業務に関しましては、特にスペシャリストに
  成るべく勉強しています。

5、会社議事録金融機関融資申込関係書類作成等のご相談もお寄せ下さい。
  末永いお付き合いをさせていただきたいと考えております。



名  前 秋 元 良 一
住  所
〒981−3203
誕生日
昭和23年4月23日(現在67才)
電話番号&FAX 022−378−2175
 ※外出が多いので携帯番号を優先下さい。
携帯電話番号
090−7528−3300
 ※外出が多いので携帯番号を優先ご利用下さい。 
 E-mail  ryoichi.akimoto@nifty.com  
職歴
昭和46年3月大学法学部法律学科卒業後、
国内損害保険会社入社、32年間営業部門を中心に勤務し、
平成15年3月退社、同年9月行政書士事務所開業。
           (宮城県行政書士会会員)
出身地 福島県(高校まで生活)
性格 積極的・几帳面・温厚
趣味 園芸・ドライブ


 ■特定商取引法による表示
 
事務所名称 秋元良一行政書士事務所
事務所所在地 〒981-3203
宮城県仙台市泉区高森4-2-251
責任者氏名 秋元 良一
電話番号  022-378-2175
FAX番号  022-378-2175
業務内容 各種相談・書類作成・官公署申請代行等
営業時間 午前9時から午後5時まで
休業日  日曜
報酬額 報酬額表及び各業務ページ参照
報酬以外の費用 依頼者から当事務所への振込手数料、郵送料、
及び官公署費用等は依頼者が負担、
当事務所から依頼者への郵送料は当事務所が負担。
支払い方法 当事務所指定の銀行口座へ振り込み。
支払時期 案件による。
業務開始時に着手金、終了後に解決金の場合あり。
業務執行時期 報酬、着手金等の受領後すみやかに開始する。
中途解約 業務の進捗状況により話し合うものとする。
返金等の振込手数料は当事務所の負担とする。

------------------------------------------------------------
 【個人情報の保護について】
  当事務所は、個人情報保護の重要性に鑑み、「個人情報保護に関する法律」その他の関連
 法規等を遵守し、個人情報の保護に努め、安全管理についての必要かつ適切な措置を講じ
 ます。

 【秘密を守る義務】
 当事務所は、行政書士法第12条の規定に従い、正当な理由がなく、その業務上取り扱った
 事項について知り得た秘密を漏らしません。

 【免責条項】
 当サイトが提供する情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものでは
 ありません。当サイトの情報は、自己責任の上ご利用下さい。万が一、これらの情報に起因
 して損害が生じても、当事務所では一切の責任を負いかねます。

 
 
行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)‐‐抜粋

第1条(目的)
 この法律は、行政書士の制度を定め、その業務の適正を図ることにより、行政に関する手続
 の円滑な実施に寄与し、あわせて国民の利便に資することを目的とする。

第1条の2(業務)
 行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類〔その作成に代えて
 電磁的記録(電子式方式、磁気的方式その他の知覚によっては認識することができない方式
 で作られる記録で  あって、電子計算機による情報処理の用に供されるものを言う。以下この
 条及び第19条第1項におい て同じ。)を作成する場合における当該電磁的記録を含む。以下
 この条及び次条において同じ。〕その他の権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に
  基づく図面類を含む。)を作成することを業とする。

 2 行政書士は、前項の書類の作成であつても、その業務を行うことが他の法律において制限
 されているものについては、業務を行うことができない。

第1条の3
 行政書士は、前条に規定する業務のほか、他人の依頼を受け報酬を得て、次に掲げる事務を
 業とする ことができる。ただし、他の法律においてその業務を行うことが制限されている事項
 については、この限りではない。

 1)前条の規定により行政書士が作成することができる官公署に提出する書類を官公署に提出
 する手続について代理すること。

 2)前条の規定により行政書士が作成することができる契約その他に関する書類を代理人とし
 て作成すること。

 3)前条の規定により行政書士が作成することができる書類の作成について相談に応ずるこ
 と。

第12条(秘密を守る義務)
 行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を漏らして
 はならない。行政書士でなくなった後も、また同様とする。

第19条(業務の制限)
 行政書士でない者は、業として第1条の2に規定する業務を行うことができない。ただし、他の
 法律に別段の定めがある場合及び定型的かつ容易に行えるものとして総務省令で定める手続
 きについて、当該手続きに関し相当の経験又は能力を有する者として総務省令で定める者が
 電磁的記録を作成する場合は、この限りでない。

 2 総務大臣は、前項に規定する総務省令を定めるときは、あらかじめ、当該手続きに係る
 法令を所管する国務大臣の意見を聴くものとする。

 3 行政書士でない者は、行政書士またはこれと紛らわしい名称を用いてはならない。








自宅付近から見た泉ヶ岳
 
現在はアウトレットタウンとなりました。
 
地  図


メールでの相談は無料です

     お気軽にメールください。ryoichi.akimoto@nifty.com

戻る
戻る